Sun坪農園

そろそろ収穫時期を向かえるサツマイモ

    


皆さんこんにちは。

我が家では、サツマイモの
収穫時期を迎えようとしています。

葉や茎が黄色くなり始めた頃が収穫のタイミングですが、
気をつけなければならないのが
霜が降りる前に収穫することです。
霜が降りてしまうと、芋が凍って傷んでしまうからです。

収穫は地面から20cmほど離して茎を切り、
株周りの土を柔らかくしてから イモを掘り起こします。

 


写真は昨日の畑の様子、葉と茎が黄色になってから収穫します。

獲れたサツマイモは、水で洗うと傷みやすくなるので、
土の付いた状態でそのまま天日干しをします。
乾燥してから土を手で払うと、きれいに落ちます。
サツマイモを
新聞紙で包み、段ボール箱に入れて
屋外の霜が降りない所に保存します。

サツマイモは調理の仕方が豊富なので、収穫のし甲斐があります。
収穫後の食卓には欠かせない存在です。
今年は、蒸しパン作りに挑戦したいと思います。

 ======================================

●栽培する楽しさ・喜びを味わえる家庭菜園をご提案

 Sun坪農園        http://suntubo.com/

地元多治見市に根付いた建設施工のパートナー

 ダイマツ建設     http://main.suntubo.com/

●手の付けられない荒れた土地も専用草刈り機でバッサリ!

 草刈り代行             http://kusakari.suntubo.com/

我が家では、来年用に種イモ用に畑を深さ2メートル程掘り、貯蔵して長期保存します。
イモを掘る訳は、サツマイモは暖かいとすぐ芽を出したがる植物なので、
地中深く掘ると日光が当たらない為、芽が出にくいです。
穴を掘り、芋が湿気を帯びない様に周りに藁で囲んで、もみ殻を敷き、
ビニールを覆い雨水の侵入を防ぎます。
一般では、発泡スチロールに入れて新聞紙で覆い、毛布などで保温します。

来年の暖かい日に植え付けたいと思います。